自己破産手続きの流れ

header

破産をする場合の流れは以下の通りとなります

  1. 弁護士や司法書士に相談
  2. 借金を返せない場合や自己破産を検討している場合はまず弁護士に相談しましょう。

  3. 依頼
  4. 相談の結果、その弁護士や司法書士に頼みたい場合は契約をして依頼します

  5. 受任通知の発送
  6. 依頼を受けた弁護士はすぐに、債権者宛に受任通知を発送します。
    これで取り立ては止まります。

  7. 債権調査
  8. 受任通知を受け取った業者は取引履歴を法律事務所に送ってきます。これをもとに、借金がどのくらいあるのかを計算します。

  9. 財産調査
  10. 破産をする場合は、借金だけじゃなく財産がどのくらいあるかも調べます。収入や不動産、車、預貯金などです。

  11. 自己破産の申立
  12. 借金や財産を調べ終わったら、裁判所に破産を申し立てます。
    書類はもちろん、ここまでの作業は全て弁護士や司法書士がやってくれます。
    ただし、司法書士に依頼した場合、申立からは自分でやらなくてはいけません。司法書士はあくまでサポートしてくれるだけです。
    ですから、最初から、自己破産を検討している場合は、弁護士に相談するのがおすすめです。

  13. 即日面接
  14. 東京地裁に申立をした場合、すぐに弁護士が裁判官と面接をします。
    その結果、少額管財手続き同時廃止手続きのどちらかに分けられます。

    どちらに分類されるかで、かかる時間も費用も変わってきます。