出血等が無い大怪我をすることもある・・・

私が今までにした一番大きな怪我は、二段ベッドの上から落ちて頭を打った時のことです。
小学生の時だったのですが、朝起きた時に寝ぼけていたのかいつもならぼーっとしていても普通に下りられていたはしごの場所を何故か寝ぼけていたため間違えてしまったらしく、頭からまっさかさまに落ちてしまいました。2階の子供部屋で寝ていたのですが父と母が音を聞いて慌てて駆けつけてきたのを覚えています。
幸いあからさまな出血などはなかったのですが頭に大きな内出血が出来、頭を打ってしまっているということで脳震盪も怖いしその時大丈夫でもそのあとどうなるかわからないということで、その日は一日入院することになってしまいました。
私自身はパニックにもなっていたしとにかく驚いたし痛かったしで泣いていた覚えしかないのですが、後でその時初めて普段仲の良かった両親が病院に連れて行く(母)・行かないでも大丈夫だから仕事に行く(父)と大喧嘩をしたと聞きました。
結局母の「頭を打っているんだから今後どうなるかわからない」という意見で父が車を出してくれて病院へ行き診てもらったところ、頭を打った場所が本当に大丈夫かギリギリのところで、あと1~2センチずれていたら開頭手術をしなければならないほどの状態だったと聞き父も真っ青になったと聞きました。私自身は幼かったこともあり退院した後頭にガーゼを当てられネットのようなものをかぶせられそれで学校に行くのが恥ずかしかったことの方が覚えているのですが(笑)
それ以来二段ベッドは解体されて一段ずつにされ、学校にもその話がしっかり伝わっていたため修学旅行の時の部屋が二段ベッドでしたが「あなたは下の段ね」と先生に決められてしまっていました(笑)
派手な出血や骨折などの怪我ではないですが、私にとっては人生を左右する大きな怪我(内出血でしたが)でした。

Comments are closed.

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.