胃潰瘍が判明するまでに4日もかかりました

私が今まで経験した中で一番大きな病気は胃潰瘍でした。
前日までは特に前兆などを感じることもなかったのですが、ある日の午前3時頃に突然の痛みで目が覚めました。同居している家族はいるのですが、夜中だったために誰にも気づいてもらうことも出来ず、とにかく苦しかったことを覚えています。なんとかベッドから這うようにしてキッチンまで移動し、口の中が気持ち悪かったのでうがいをしたところ、口の中から茶色い液体が出てきました。そのときは気が付かなかったのですが、吐血していたようです。
明け方に偶然トイレに起きた母に発見され、近所の救急病院に連れて行ってもらいました。しかし残念なことに研修医の先生しかおらず、腹部の触診と血液検査のみで便秘だろうという診断で家に帰されました。吐血をしたこと、検査時に脈拍が30を下回っていたことで、看護師さんからは別の病院の受診を勧められました。
日曜日だったためそれ以上どうすることも出来ず、一日我慢をして、月曜日に別の病院に行きました。そこでも問診のみで軽い胃腸炎と判断され、そのまま帰されることになったのです。それから三日間我慢をしましたが痛みは全くひかず、再度月曜日に行った病院に行き、胃カメラの検査をお願いしました。そこでやっと胃潰瘍だったことが判明し、適切な処置を受けることができました。
しかし検査前に会社に事情を話しても休むことを許可してもらえず、全身麻酔で検査をしている最中もずっと携帯電話が鳴り続けていました。結局目が覚めて結果が出たらすぐに出勤しろと言われ、逆らうことが出来ずに出勤したことを覚えています。
結局元の食生活に戻るまで3か月近くかかりましたが、なんとか再発もせずに生活することが出来るようになりました。

Comments are closed.

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.